デザインの4つの原則(近接・整列・反復・対比の原則)

ライフ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アートの世界にかぎらず、私たちはときおり何かまとまった情報をデザインすることがあります。

社会人ならば会議の資料を作成することがありますし、大学生だったらサークルのチラシ作りなどを任されるかもしれません。

「どうせ作るなら完璧なものを作りたい。」

そう思って真剣に作業を進めても、どこか色合いや情報にまとまりがなく素人臭くなってしまう。

どこがプロの作品と異なるのかわからない。

そんなことが往々にしてあります。

素人臭くなってしまう原因は、「デザインの4つの原則」に違反している箇所があるからです。

本日は、デザインの定番所『ノンデザイナーズ・デザインブック』から学んだこの「デザインの4つの原則」を少しアレンジしてご紹介します。

これからデザインする作品があれば、ぜひこの原則を適用してみてください。

良いデザインと悪いデザイン

まずは以下の2つのデザインを見比べてみてください。

これは、あるレポートのタイトルページを想定しています。

左側は4つの原則を適用する前で、右側は4つの原則を適用したものです。

右側の方が「良いデザイン」と感じられませんか。

左側は「悪いデザイン」となんとなく思ってしまいます。

以下では、4つの原則を説明して良いデザインと悪いデザインの違いは何かを明らかにしていきます。

この記事では「この部分はこうだから悪くて、こうすると良いデザインになるよね」といったように、 具体的に 悪いデザインの箇所を修正して良いデザインに変えられる知識を提供することを目標にしていきます。

デザインの4つの原則

これからご紹介する「デザインの4つの原則」は、『ノンデザイナーズ・デザインブック』の著者であるRobin Williamsさんがデザインの多くの理論から抽出した原則です。

一般人でも自分のデザインにすぐに適用できるわかりやすい内容になっています。

それではこの4つの原則を順番に説明していきます。

1.近接の原則

まずは近接の原則です。

良いデザインを作成するには、同じような意味や性質をもつ情報は近くに配置し、異なる意味や性質を持つ情報は遠くに配置して、情報の組織化を行う必要があります。

情報を 近づけたり離したりして上手くまとめると、読み手が理解しやすくなります。

左側が元のデザインで、右側が近接の原則を適用したデザインです。

近接の原則に従い、表題と副題は意味としてまとまりがあるので近づけます。そして、それ以外の些細な情報は離します。また、文字の間隔も詰めました。

これだけのことですが、読み手は目線を上と下の2か所移すだけで全ての内容を理解できるようになりました。

左側の場合は、3か所か4か所目線を移動させないとすべての情報を理解することができません。

このように近接の原則を守ると、情報がまとめられ読み手が理解しやすくなります。

近接の原則

類似する情報は近くに配置し、相違する情報は遠くに配置すること
効果:
・情報構造を明確にし、読み手の混乱を避ける
・読み手は目をあちこち動かさなくてよくなる

2.整列の原則

次は「整列の原則」です。

良いデザインを作成するには、それぞれの情報の端と端をどこかで意識的に揃える必要があります。やみくもに中央揃えすればよいわけではないとRobin氏は言います。

情報を整列させることで目に浮かんでくるような強い線を作り出し、ページ全体に一体感や洗練された雰囲気を生み出します。

右側が整列の原則を適用したデザインです。

もともと中央揃えだったものを全て右揃えにしてあります。

こうすることで、右側に一本の強い線が生まれ、ページ全体に一体感ができました。

すべて中央揃えにしても一体感がありますが、ページ上から下に流れる見えない線がぐにゃぐにゃと折れ曲がってしまい、そこまで一体感を強く表現できていません。

このように強い整列を持たせると、読み手は洗練された雰囲気を覚えます。

また、しっかりと整列を意識し守ることで、他の箇所で原則からはみ出したような美術上の遊びを行っても許されることがあります。

整列の原則

すべての情報を意識的に配置して、情報の端と端を合わせること。できる限り強い線を引くことを意識する。
効果:
・ページ全体に一体感や洗練された雰囲気を生み出す
・しっかりと整列させたデザインでは、遊びも許されるようになる

3.反復の原則

3つ目は「反復の原則」です。

作品全体を通してなんらかの反復(色・線・書体)を加えることで、一体感や一貫性を生むことができます。

また、作品に面白みを加え読み手の興味を引くことができます。

さらに反復は大変目立つため、読み手としては作り手が一生懸命に考えて工夫してくれたのだと気づきます。こういう点で情報への信頼感が高まるとも言えそうです。

表題の書体と色を適当なものに変えたところ、ページ全体で一体感が少しなくなってしまったので、一番下に表題の文字と同じ色の線を加えました。

色の反復を行うことで、ページ全体に一貫性と面白みを生んでいます。

ある程度型が決まっている近接や整列の方法に比べて、反復はいろいろな方法と目的が考えられるため作り手の腕の見せ所ともいえます。

反復の原則

作品全体を通して何か反復要素を加えること。
効果:
・作品に一体感・一貫性を生む
・面白みを生む
・情報への信頼感が高まる

4.対比の原則

最後は「対比の原則」です(ノンデザイナーズ・デザインブックでは「対比」は「コントラスト」と表現しています)

同じ作品上に2つの異なる要素を配置することで、作品に面白みを出して読み手の興味を引き付けることができます。

また情報を強調することにより、読み手の理解を支援します。

右側では黒い長方形ボックスを入れることで、黒と白の対比効果を生んでいます。また、反復の要素もあります。

こちらのほうがデザインとしての面白みがあり、読み手の興味を引きます。

注意点は微妙な対比や過度な対比をいろいろ行わないことです。対比によってはデザインが台無しになるかもしれません。

対比の原則

2つの異なる要素を効果的に配置すること。
効果:
・作品に面白みを持たせる
・情報を強調して読み手の理解を支援する

まとめ

本日はデザインの4つの原則について説明してきました。

ここでもう一度4つの原則を適用していないデザインと適用したデザインを比較してみましょう。

あらためて見てみると、左側はまず情報がまとまっていませんね。

右側は近接と整列の原則により、よく情報がまとまり読みやすくなっています。

また右側は反復と対比の原則により、情報が効果的に強調され、かつ面白みのある作品になっています。

ここまで本記事を読まれた方は、このように4つの原則の効果をもとに悪いデザインと良いデザインの違いを説明できるようになりました。

これからはぜひ自分の作品にこの4つの原則を適用してみてください。

お疲れ様でした。

もっと詳しく知りたい方は以下に紹介する『ノンデザイナーズ・デザインブック』を読んでみてくださいね。

参考文献

以下、マイナビ出版からの説明の抜粋です。

20年以上愛されている、デザインの定番書です。
デザインはデザイナーだけに必要な要素ではありません。いまやエクセルやワード、パワーポイントを使って資料を作る際にも重要となります。読みやすいデザイン、伝わるプレゼン資料、わかりやすいレイアウトを作りたい方におすすめの一冊です。

https://book.mynavi.jp/nddb/

ちなみに今なら、この本をSNSやブログで紹介すると、「日本語のテキスト、フォント、タイポグラフィについて解説した特典PDF(40ページ、非売品)」をいただけるようなので、私はこれから応募しようと思います。

マイナビ出版さんどうもありがとうございます。

以上です。

お忙しい中お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました