翻訳

翻訳

翻訳の校閲者(翻訳チェッカー)というお仕事

この記事では、私のお仕事である翻訳校閲についてご説明します。翻訳の校閲とは、翻訳者の納品した翻訳の品質を顧客が満足する水準まで改善することです。当事者には翻訳者と顧客がいることを忘れてはなりません。つまり、翻訳校閲の業務では、校閲作業を行うにあたり、翻訳者と顧客についても知っておく必要があります。
⑦翻訳に対する姿勢

プロの翻訳者から学ぶ ー翻訳の参考書紹介ー

ひとことで言うと、「プロの翻訳者の翻訳の方法・心構え」が学べる本です。この本を読めば、翻訳というお仕事に対する理解の幅が広がります。「翻訳はどんな手順で行うの?」「どんな翻訳がダメなの?」などといった良い翻訳を行うための具体的な方法に関してだけでなく、もっと広い意味での翻訳をする際の心構えや考え方も知ることができます。
翻訳

機械翻訳ポストエディット(MTPE)の現状

先日、みらい翻訳さんのお試し機械翻訳を利用してみました。TOEIC 960点レベルの翻訳エンジンと謳っているだけあり、その精度に驚きました。これから本当に機械翻訳+ポストエディット(MTPE)の時代が来るんだなと実感しました。これからのためにも今回はポストエディットについて少しまとめておきたいと思います。
②訳文を書く力

自然な翻訳を心がける 「~的」を避ける

日本語の特徴として「漢語を和語に変えると日本語らしくなる」というものがあるので、日本語らしい自然な翻訳を心がける場合は「~的」は避けたいのです。
➀原文を読む力

翻訳文法:後置修飾 To be V-edとV-edの違い

翻訳に役立つ文法 (ネイティブチェックあり) 後置修飾の過去分詞(V-ed):過去のことを表す 後置修飾の不定詞(to be V-ed):未来のことを表す
翻訳

理系学生が最短で社内校閲者(翻訳者)になった話

理系学生が最短で社内校閲者(翻訳者)になった話
タイトルとURLをコピーしました