②訳文を書く力

②訳文を書く力

カタカナ語のお取り扱いにはご注意ください2 具体例と対策

本記事は、「カタカナ語のお取り扱いにはご注意ください」の続編です。前の記事では、カタカナ語とは何か、または深く考えずにカタカナ語を乱用するとなぜよろしくないのかを簡単に説明しました。 本記事ではもう一歩踏み込んで、実際にどのようなカ...
②訳文を書く力

カタカナ語のお取り扱いにはご注意ください

本記事のねらい 外来語の乱用・氾濫では、何が問題となるか 外来語のなかでも使ってはいけない「カタカナ語」とは何か 日本人、ライター、翻訳者としてどのようにカタカナ語を取り扱うべきか
②訳文を書く力

日本語の語順を修正する

「長い修飾語」を「前」に配置して「短い修飾語」を「後」に配置すれば、高確率で文章として正確かつ読みやすくなります。
②訳文を書く力

大和言葉を大切にしたい

大和言葉を使うと日本語らしくなる理由は、「日本の風土の中で生まれ、その一音一音が先祖たちの感性を表している」からのようです。大和言葉の一音一音は、日本人の心に染みる特性があるようです。
②訳文を書く力

自然な翻訳を心がける 「~的」を避ける

日本語の特徴として「漢語を和語に変えると日本語らしくなる」というものがあるので、日本語らしい自然な翻訳を心がける場合は「~的」は避けたいのです。
タイトルとURLをコピーしました