筋トレが大好きです

大学生4年生のころから定期的に筋力トレーニングを行っています。3年以上も筋トレを続けているのですが、知らない間に筋トレが私の人生にとってものすごく大切なものになっていることに気が付きました。自己紹介として、私と筋トレについて書いておきます。

強くなるために

筋トレを始めたきっかけは、肉体的にも精神的にも「人として強くなるため」です。私は昔から、身体はガリガリで性格も温厚なため、いじられたり、いじめられてきました。小さい頃は、生まれつき強い人が弱い人を虐げることはしょうがないことなんだと思っていました。弱肉強食は人の間にも存在するんだな、と悔しい思いを抱いていました。

がりがりのまま大学生になって、イギリスの語学学校に通っていた頃の話です。ある日の夜、静かな街をひとりで歩いていると、背後から大柄なイギリス人男性が発狂しながら追いかけてきました。私は「殺される」と思いました。

このときは本気で走ったのでなんとか逃げ切れたのですが、「ああ、見た目が弱そうだと、いじめの標的になるんだ」と子供の頃の嫌な記憶が蘇りました。しかし大人になった私には、この嫌な気持ちへの対処法がわかりました。筋トレをして、身体を大きくすることです。その後、すぐに筋トレを始めました。

目に見える成果

筋トレの正しい方法を少しずつ学びながら、確実に身体を大きくしていきました。筋トレの成果は目に見えるので、続けやすいです。自分の行った筋トレの質と量が正しいか、食事方法は正しいのか、自分の身体の変化から簡単に評価できるからです。なにより、周りも褒めてくれたりするので、すごく楽しい!

わかりにくいのですが、私は3年間で以下の写真のように身体を大きくさせることができました。体重は10kg以上増加させることができました。ちなみに身長は175cmです。

生きやすくなった

筋肉がなくガリガリだった頃と比べると、周りの人に「なめられなくった」ように思います。そして、いじられなくなったのが本当に嬉しい。自分に自信がつき、他人に迎合することもなくなりました。人間関係で悩むことが少なくなり、生きやすくなりました。

これからはもっと身体を大きくして、「なめてかかると、こいつは危なそう」と思わせるオーラを出したいと思います…(笑)

人を見下す人が大嫌いなだけです。そして見下されたときにイラついてしまう自分も嫌なので、この見下されたり、なめられたりする状況を作らないように筋トレをしているわけです。

最期まで

いろいろ書きましたが、3年以上も筋トレを続けられている理由はシンプルに身体を動かすのが楽しいからとも言えます。思いっきりバーベルを上げるのは爽快です。これまで持ち上げることのできなかった重量が挙がったときは、この上のない成長を感じます。歳を取ると、成長を感じることって少なくないですか。筋トレはいつまでも私たちに成長を提供してくれます。まあ独りで死ぬまで楽しめる趣味、それが私にとっての筋トレです。

タイトルとURLをコピーしました