筋トレ

筋力トレーニングにおける7つの大原則

本日は、筋力トレーニングにおける7原則(過負荷、漸進性、継続性、特異性、全面性、個別性、意識性の原則)をご紹介します。筋肥大・筋力向上を目指してトレーニングをしている方は、ぜひ知っておきたい原則です。この7原則は生理学における「ルーの法則」に基づいています。
ライフ

【2020年版】Kindle Unlimitedのおすすめ本 厳選の10冊

2020年現在のKindle Unlimited対象本の中から厳選した書籍をご紹介。膨大な量の本があるにもかかわらず対象本がキーワード検索できないなか、この記事を通して皆さんが有益なUnlimited本に出会えることを心から願っております。
ライフ

何かに投資するということ

私には尊敬している先輩がいます。 口には出したことはありませんが、翻訳の腕だけでなく、人としての生き方まで憧れています。先ほど、この先輩から教えていただいた「投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)」という本を読み終えたの...
②訳文を書く力

カタカナ語のお取り扱いにはご注意ください

本記事のねらい 外来語の乱用・氾濫では、何が問題となるか 外来語のなかでも使ってはいけない「カタカナ語」とは何か 日本人、ライター、翻訳者としてどのようにカタカナ語を取り扱うべきか
⑤ツールを使う力

一太郎2019で翻訳を校正する方法

日本語ワープロソフトである「一太郎」ですが、翻訳文(日本語)の校正ツールとしても優秀です。本日は、一太郎2019*の文章を校正する機能がなぜ優れているのかと、校正機能をうまく活用するにはどうすればよいのかを説明します。
⑤ツールを使う力

AutoHotkeyを導入して、翻訳作業の効率を上げる

AutoHotkey(AHK)の導入方法と翻訳作業への活かし方についてまとめておきます。
⑤ツールを使う力

東京ほんま会、初級AHK講座のレポート

2019年11月17日、東京ほんま会の「初級AutoHotkey(AHK)講座」に参加しました。本日は、本講座について簡単にご報告いたします。今後も同様の講座が開催されるかもしれませんので、ご参考になれば幸いです。
⑦翻訳に対する姿勢

翻訳のお仕事で心に留めておきたいこと

本日は、山岡洋一さんの著書である「翻訳とは何か 職業としての翻訳」から学んだことをまとめておきます。 この本からは多くの学びが得られるのですが、今回は私の心に響いた3つに厳選させていただきました。
③訳文を洗練する力

日本語の表記について

今回は、日本語の表記についてまとめます。この記事では、表記の問題の事例をひとつずつ挙げて解説するような、表記の細かい説明はいたしません。表記というものを俯瞰して、その全体像を説明いたします。表記をしっかりさせると、文章から煩わしさがなくなり読者にとって読みやすいものになるのです。
翻訳

ニューラル機械翻訳の恩恵はどこへ向かうか

今回は、ニューラル機械翻訳(以下「NMT」)の発展によって、産業翻訳業界の関係者たちがどのような便益を受けるのか、または受けないのかを考察していきます。最後には、機械翻訳のポストエディット(以下「MTPE」)に対する私の思いを書きたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました